耐火物

Refractory

耐火物とは高温度に耐える耐火度SK18以上の工業用炉材の総称です。
定形(れんが等)・不定形(粉粒体等)など様々な形態があります。
製鉄業、非鉄金属業、化学プラント等高温、高熱を利用する産業において耐火物は必要不可欠な製品です。
弊社ではお客様のニーズにあわせ、各耐火物メーカーの様々な製品をご提供させて頂いております。

  • 定形耐火物(レンガ)

    主に耐火煉瓦のこと。
    様々な材質・形状のものがあり、用途・使用条件等によりそれぞれ使い分けされています。

    詳細はこちら

  • 定形耐火物(機能性耐火物)

    主に鉄鋼の連続鋳造関連設備で使用される耐火物です。

    詳細はこちら

  • 不定形耐火物

    粉粒体、または練り土状の耐火物の総称です。
    キャスタブル・吹付材・パッチング材などがあり、使用目的により様々に使い分けられます。

    詳細はこちら

  • 断熱耐火物

    熱伝導率の低い耐火物の総称です。
    断熱煉瓦を代表として、炉内の内張り・裏張りに使用されています。

    詳細はこちら

  • セラミックファイバー

    アルミナとシリカを主成分とした人造鉱物繊維の総称です。
    無機材質の耐熱繊維で、1000℃以上の高温域でも使用できるものが多くなっております。
    主に工業炉の天井・炉壁の断熱材・耐熱シール材として利用されています。

    詳細はこちら

  • 耐火物のリサイクル・耐火物原料

    電気炉などで使用済みの電極や、使用後の耐火れんがの回収を行っております。回収後は耐火物の原料、製鋼・鋳鉄の副原料としてリサイクルします。
    また、耐火物メーカー向けに原料の販売も行っております。

    詳細はこちら

事業概要

BUSINESS

『火・熱』関連の耐火性を中心とする資材とテクノロジーを提供

大阪耐火煉瓦株式会社は『火・熱』関連の耐火性を中心とする資材とテクノロジーをサービス、提供することにより産業社会に貢献いたします。