アスベスト除去工事

Asbestos

各種工業炉に関連するアスベスト(石綿) 除去工事を承ります。

1970年~1980年代に建造された工業炉の大半に、アスベストが含まれてれています。
弊社では、工業炉に特化したアスベスト除去工事を一貫して承ります。

  • アスベスト(石綿)除去工事

    1970年~1980年代にわたって輸入されたアスベスト(石綿)は、この時期に建造された工業炉内に広く使用されている可能性があります。その使用範囲は、炉内耐火物のバックアップ材、ダクトや配管周りの保温材、フランジ部のパッキン、煙突や煙道の断熱材等が挙げられます。

    アスベストが使用された設備の補修や老朽化による解体には、『石綿障害予防規則』に基づき、労働者のアスベスト(石綿)による健康障害の防止を図ることが、事業者の責務となります。

    弊社では工業炉及び付帯設備に特化したアスベスト解体工事を承っています。また、アスベスト含有の可能性に対する調査や、アスベスト除去後の代替耐火物の選定、施工にも対応致します。工業炉の補修や設備解体に伴うアスベスト除去でお困りの際は、是非とも弊社へご相談ください。

    下記にアスベスト除去工事への手順を記載致しましたので、ご参照ください。

    詳細はこちら

事業概要

BUSINESS

『火・熱』関連の耐火性を中心とする資材とテクノロジーを提供

大阪耐火煉瓦株式会社は『火・熱』関連の耐火性を中心とする資材とテクノロジーをサービス、提供することにより産業社会に貢献いたします。